アットベリーで顔の黒ずみ対策は?

黒ずみはワキだけでなく、体のいろいろなところで出てしまうものですね。

 

脇の下だけでなく 顔の黒ずみも気になるという場合、アットベリーは両方に使えるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

アットベリー,顔,黒ずみ

 

結論から言いますと、アットベリーは顔の黒ずみケアにも活用することができます。

 

 

というのも、アットベリーは鉱物油などの添加物は無添加。

 

お肌に刺激になりにくく、しかも高保湿タイプのクリーム。

 

オールインワンジェルとしても使える黒ずみケアクリームとしても、いま注目されています。

 

 

アットベリーが顔に使えるのは分かったけど、黒ずみケア効果はどれくらい期待できるの?

 

ここでアットベリーの特徴をチェックしてみましょう。

 

 

 

 

アットベリー,顔,黒ずみ

 

アットベリーは保湿成分をナノ化して浸透しやすくしたトリプルサンド方式のクリーム。

 

乾燥しやすい黒ずみ箇所への保湿効果が実感しやすいことで定評があります。

 

 

お顔のくすみは お肌の内側の乾燥が原因の一つ。

 

アットベリーでしっかり保湿をすることで あなたのお肌が持っている本来の透明感のケアにつながるのです。

 

また、保湿がゆきわたると お肌の代謝サイクルが整ってきます。

 

くすみが気になるお肌は、肌代謝が滞っており、古いメラニン色素や角質がお肌に残り続けています。

 

肌代謝サイクルが整うことで、こういった古い角質汚れが定期的に新しいお肌と生まれ変わります。

 

そうすることで くすみが気になりにくいお肌を目指すことができるのですね。

 

 

 

そしてアットベリーにはもう一点見逃せない点があります。

 

アットベリーには プラセンタをはじめとした5種類もの美白成分が配合されています。

 

美白成分もいろいろなタイプのものがありますが、アットベリーに配合されているのは お肌により優しく働きかける美白成分。

 

美白ケアは刺激になりやすい、という方も より安心してケアができます。

 

 

アットベリーは 保湿パワーと美白成分で顔の黒ずみケアにもぴったりということがお分かりいただけたでしょうか?

 

でも、顔の黒ずみケアにもアットベリーがおすすめな理由は これだけではないのです。

 

 

 

アットベリー,顔,黒ずみ

 

アットベリーは黒ずみケアクリームの中でも60グラム入りの大容量タイプ。

 

他社の黒ずみケアクリームが 25グラムから35グラム程度ですので、倍に近い容量のクリームになります。

 

ですので わきの黒ずみケアだけでなく、お顔にも惜しげなく使える点でもアットベリーは大好評。

 

一つでお顔にも使えるとなれば、とても経済的ですし、あれこれ洗面台に置かなくても済みますよね。

 

顔の黒ずみが気になる方にもアットベリーがおすすめです。

 

 

 

アットベリーは お顔にも使えるタイプの黒ずみケアクリーム。

 

ですが、お顔の黒ずみのタイプによっては 別のケアが必要なケースもあります。

 

どのようなケースかというと、毛穴汚れで黒ずんで見えるという場合。

 

メイク汚れが落とし切れていなかったり、皮脂汚れがたまることで毛穴が黒ずんで見えることがあります。

 

洗顔料やクレンジングでしっかり汚れを落とすようにしましょう。

 

 

また、小鼻まわりの毛穴は 古い角質汚れがたまりやすい箇所でもあります。

 

定期的にケアをしないと 角栓詰まりとなり、黒ずんで見える原因になります。

 

アットベリーでのケアに加えて 定期的な角栓ケアも行うようにしましょう。

 

 

 

アットベリーをお顔の黒ずみケアに使う際、違和感を感じたらすぐに使用を中止するようにしましょう。

 

アットベリーは目元にも使えるクリームですが、粘膜部分は避けるようにしましょう。

TOPへ