アットベリーはシミ対策にも使える?

アットベリーは黒ずみケア用のクリームですが、シミのケアにも使えるのでしょうか?

 

アットベリーに配合されている成分などから、シミ対策効果について検証してみました。

 

 

アットベリーは脇だけでなく、全身に使える黒ずみ対策用のジェルクリーム。

 

顔にも使えるクリームということで、黒ずみだけでなくシミ対策にも使えるのかが気になる、という方もいるのではないでしょうか。

 

目次

 

 

アットベリー,シミ

 

アットベリーには プラセンタ、グリチルリチン酸といった有効成分をはじめとして、トウキエキスなどのシミケアサポート成分が配合されています。

 

美白成分というと 最近では様々なものがあります。

 

穏やかにシミに働きかける成分もあれば、パワフルでお肌に刺激になりやすい成分もあります。

 

パワフルな作用のものは 効果が実感しやすい反面、お肌に負担になりやすいことがあります。

 

アットベリーに配合されているプラセンタなどの成分は いずれも穏やかにお肌に働きかけるタイプ。

 

ですので 安心して使いやすいことでも口コミで定評があります。

 

 

 

アットベリー,シミ

 

シミのケアには美白成分だけでなく、実は保湿も とても重要です。

 

というのも、シミのもととなるメラニン色素が お肌にずっと居座っているのには理由があります。

 

実はメラニン色素は、お肌の代謝サイクルが順調でしたら、自然とお肌の外に排出されてゆきます。

 

この代謝のサイクルが滞ると ずっと残ってしまいやすくなるのです。

 

このお肌の代謝は ターンオーバーとも呼ばれていますが、お肌が乾燥するとサイクルが滞りやすくなると言われています。

 

ですので、まずはしっかり保湿をすることが とても大事なのですね。

 

アットベリーはセラミドやコラーゲンをはじめとした保湿成分を 6種類も配合。

 

また、有効成分のプラセンタも お肌のターンオーバーサポートで知られています。

 

しっかり使って お肌の代謝アップを目指しましょう。

 

 

 

アットベリー,シミ

 

アットベリーは美白成分だけでなく、保湿もしっかりできるタイプの黒ずみケアジェル。

 

ですが、パワフルな美白成分は配合されていません。

 

そのため、お肌に濃く残ったシミのケアよりも お肌のくすみや 薄くでき始めたシミのケアのほうが向いてると言えるでしょう。

 

 

濃く残ってしまったシミをケアしたい、という方は 専用の美白クリームなどでのケアも併用することをおすすめします。

 

ハイドロキノンなど パワフルな美白成分配合のクリームなども市販されています。

 

お肌全体のケアをアットベリーで行ってから、このような美白クリームを シミが気になる箇所にピンポイントで使う、というようにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

そしてシミはお顔だけでなくボディにもできてしまいます。

 

背中や肩にできたシミも、アットベリーで しっかり保湿をしてから 美白クリームなどでケアをするのがおすすめです。

TOPへ